2018.07.02

WebデザインとSEOの関係性について

WEB技術

Webサイトのデザインを作成する際、
ビジュアル的完成度の他にも
意識しなければいけない要素があります。

それが「SEO対策」。

デザインがSEOに影響しているということを知らない方、
意外と多いかもしれません。

ユーザビリティやレスポンシブなどは考えられますが
SEO対策を考えたデザイン作成は見落としがち。

では実際、デザインとSEOがどのように関係しているのか見ていきましょう。

SEO対策その1:「直帰率」を下げるインターフェイス!

まずは、ユーザーを混乱させないデザインになっているかが重要です。
直帰率が低いければ低いほど、検索で上位に表示されます(サイトの種類による)。
デザインのポイントとしては以下の3点が挙げられます。

1.ファーストビューで、ユーザーに必要な情報がすぐに見つけられるか。
2.ページの階層が分かりやすくなっているか。
3.リンク、クリックのボタンは分かりやすいか。

上記に付随して、サイト全体の色づかいやオブジェクトのサイズなど
細かいところまで計算してデザインをしなくてはいけません。

SEO対策その2:「ページ表示速度」を上げて離脱を回避!

読み込みに時間がかかってしまうと、そのぶん離脱される可能性が上がります。
動画などの重い素材を軽くしたり、ローディング時のデザインを工夫するなどして
離脱率を下げる対策まで考えて作成しましょう。

SEO対策その3:「モバイルファースト」を意識したユーザビリティの高いデザインを!

Googleが「モバイルファーストインデックス(MFI)」を追加したことにより、
スマホ版の最適化もSEOにも影響するようになってきました。
これはモバイル端末からの検索数が、PCからの検索数を上回ったためです。
いくらPC用ページのデザインが素晴らしいものに仕上がったとしても、
スマホで見たときに最適化されていなければ、検索順位が下がる原因になるかもしれません。

デザインとSEOとの関係性は、時折議論の対象になっているため、様々な意見があります。
ですが、Googleがユーザーファーストを尊重している以上、
ユーザビリティの高いデザインにすることで、検索結果に影響が出ることは間違いないでしょう。

見た目やリッチなアニメーション効果などに囚われず、
サイト本来の目的を考えたデザインを心がけていきましょう。

クリサイ
pagetop