2019.03.14

新たな採用トレンド「リファラル採用」とは?

採用支援

人材の確保が企業課題になっている今、注目を集めている「リファラル採用」。
※リファラル(referral)とは「推薦・紹介する」という意味。
これは社員に人材を紹介してもらう採用方法です。
職場をよく知る社員の紹介であるため、企業に合う人材と出会うことができます。
欧米では既に一般的な採用方法であり、近年、日本でも徐々に広まり始めました。
今回は、そんな「リファラル採用」のメリット、デメリットを紹介します。

リファラル採用のメリット

1.人材のマッチング率が高い。

社員の紹介による採用方法のため、内定承諾率が高いです。
また紹介された方は、会社の魅力や業務内容を事前に聞いているため、入社後のギャップが起きにくいです。
その結果、入社後の定着率も高まります。

2.採用コストの削減

求人メディアを使用しないため、採用コストを大幅に抑えることができます。
また自社で開催する求人セミナーや、面接の日程調整などにかかるコスト削減にも繋がります。

3.転職潜在層(転職を考えているが、本格的には行っていない人材)の採用

転職サービスに登録していないが、今後転職を検討している優秀な人材にアプローチすることが可能です。
大学や専門学校の同窓生などに声をかければ、現在活躍中の社員と同じ専門的な知識や意欲を持った人材も集まります。

リファラル採用のデメリット

1.人間関係と人材配置への配慮が必要

紹介した社員と応募者との関係は慎重になる必要があります。
グループ化してしまったり、紹介した社員の退職に伴って、紹介された社員も退職してしまうなどの弊害もあります。
そのため、採用後の人員配置を適切に行う必要があります。

2.採用についての理解と認知が不可欠

社員がメインになる採用方法のため、常に採用情報をアップデートし続け、社員が把握しておく必要があります。
把握できていない場合、紹介する人材と企業が求めている人材にミスマッチが起こる可能性があります。

3.情報が可視化しにくい

社員がリファラル採用にどれだけ貢献したのか。
誰が優秀な人材を紹介したのか、
成果報酬を導入する場合、明確な基準を設けなくてはいけません。
可視化することで、採用手法の一つとして社員に認知され、効果的な人材獲得に大きく繋がります。

”個”のつながりから、優秀な人材を獲得する!

「元社員」「社員の知り合い」といった社員の個人のつながりが、企業の財産となる時代になりつつあります。
大切な知人・友人を紹介できるのか?
紹介したくなる会社なのかが、企業には求められています。

クリサイ
pagetop