2019.05.16

世界の就活事情からみる、日本の未来。

採用支援

皆さんご存知の通り、現在日本では、
就職活動のあり方が大きく変わろうとしています。

そこで今回は世界各国の就職活動の違いから、
日本の就職活動の未来を見据えてみようと思います。

◎まずは海外の基本的な就活事情について

・欲しいのは即戦力
海外では、時間をかけて育てるという考えがないようです。
その時々に必要な能力を持つ人材を確保するのが一般的。
とにかく活躍できるかを重要視するため、新卒・中途にこだわりません。

・研修制度には力を入れない
研修制度をリスクと考えている企業が多いため、
海外では研修制度が整った企業はごくわずか。
すぐに仕事を始めることが求められているからでしょう。

・大学での学びを重視
海外企業が面接で重視していることは、
大学で学んだことがすぐに仕事に活かせるか。
「大学で学んだこと=職業」というのが一般的なので
大学で何を専攻していたかがとても重要です。

◎ヨーロッパでの就職活動

企業に入社後は「職種を変えない」というのがヨーロッパの文化。
それは転職する際も同じで、ほとんどの人が前職と同じ職種を選びます。
※国によって異なります。

そのため大学の専攻を選ぶときから、
「どんな分野で働きたいか」ということが明確でないといけません。
またインターンで就労経験を積むのも大切とされています。
ヨーロッパのインターンは、日本の研修制度に近く
一から仕事を丁寧に教えてもらえることが多いようです。

◎アメリカでの就職活動

「仕事をしたことがある」というのを前提にしているのがアメリカの文化。
そのため学生はインターンシップに参加をし、経験とスキルを磨きます。
これに関してはヨーロッパと同じですね。

まず狙った企業に就職するには、その企業のインターン経験が必須。
そのため人気企業は、インターン参加の倍率が高く、狭き門となっています。

またアメリカには終身雇用がないため、
半年以内で転職するという人も珍しくありません。
通年採用が当たり前で、重要なポジションもあっさり空きます。
いつでも声をかけられるように、コネクション作りが重要のようですね。

新卒一括採用がなくなるであろう日本でも、
今後は在学中のインターンが重視されるかもしれません。
これからも定期的に海外の就活事情を追っていこうと思います。

クリサイ
pagetop