2020.05.11

こんな会社で働きたい! 2021年新卒採用サイトまとめ10選 

デザイン

毎年、どの企業も独創的なデザインで目を引く新卒採用サイト
企業の魅力を伝えつつ、いかに就活生の印象に強く残るサイトにするにはどうデザインにすれば良いかと悩む採用担当者も多いはずです。
今回はその新卒採用サイトのデザインについて、目に止まった10社をご紹介します。
ポイントになる部分も一緒に解説したいと思います。

博報堂DYメディアパートナーズ


https://h-mp-recruit.jp/2021/

<ポイント>
トップの見せ方や写真へのこだわりを感じさせるサイトです。
社員の写真がとてもカッコよく、こんな人達と仕事がしたいと思ってしまいます。
特にマウスオーバ時に写真がコマ撮りで動くのが面白いです。
お洒落に見せながらも、仕事への情熱が個々の社員から伝わるサイトになっています。

講談社


https://recruit.kodansha.co.jp/2021/

<ポイント>
80年代~90年代を彷彿とさせるレトロ感のあるイラストを起用したトップページがとても印象的です。
今の若い人にとってはとても新鮮に見えるかもしれません。
仕事の楽しさやワクワク感を感じさせるサイトになっています。

旭化成


https://www.asahi-kasei-jobs.com/21/

<ポイント>
トップページ現れる様々な写真とキャッチコピーが旭化成の仕事を物語っており、とても印象的です。
シンプルな作りながらも、仕事への誠実さや真面目さが伝わってくるサイトです。
社員インタビューの数が多く、様々な職種の人の仕事への情熱を知ることができます。

DeNA


https://student.dena.com/

<ポイント>
雑誌の1ページを思わせるデザインがとても目を引きます。
フィルムカメラで撮ったような写真が、よりページの雰囲気を際立たせます。
写真と文字だけのシンプルな作りが、本質的な価値を提供するDeNAの理念を感じられます。

ホリプロ


https://horipro-recruit.com/

<ポイント>
トップページのイラストがとても特徴的で、サイト全体を通してポップな色合いと派手な演出が、仕事の楽しさ面白さを伝えています。
社員インタビューのページデザインは一人一人異なり、個々の社員のイメージに合わせて変えているようでした。
他ではやらないことを行うことで、オリジナリティー溢れるサイトになっています。

PORT


https://www.theport.jp/recruit/

<ポイント>
メニューアイコンがセンターに配置されている珍しいサイトです。
全体が白黒を基調としているため、写真が引き立ちます。
PORTで働く社員の臨場感がとても伝わる写真に、とても引かれます。

フェリシモ


http://www.felissimo-job.com/recruit2021/

<ポイント>
ページごとに現れる小刻みに動く丸や、白と黒とマゼンダの3色で構成されたサイトがとても印象に残ります。
訴求力のあるメッセージと社員紹介が全てイラストなのが特徴的です。

東急エージェンシー


https://recruit-tokyu-agc.co.jp/2021/

<ポイント>
他社がカラフルなイメージにする採用サイトが多い中、グレー色をメインカラーとして使用している珍しいサイトです。
唯一各カテゴリの背景のみ色を加えることで、独特な世界観を持ったサイトに仕上がっています。

京セラ


https://www.kyocera.co.jp/recruit/new/

<ポイント>
斜めに動くスライドや、ランダムに置かれたボタンなど敢えて複雑な形のトップページが印象に残ります。
そして、サイト内で本格的なシューティングゲームを楽しむことができます。

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)


https://www.ccc.co.jp/recruit/newgraduates/

<ポイント>
グローバルナビが左端に配置されているのが特徴的です。
シアンと白を基調とした感じがとても印象に残ります。
情報メディアサイトのような作りが、とても見やすく読みやすいです。

いかがだったでしょうか?
今年の傾向としては、雑誌を意識したレイアウトや写真の見せ方をしたサイトが多く見受けれられました。
また近年の傾向として、動画を積極的に採用している企業が多く、効率的に自社の特徴を動画で就活生にアピールするサイトが前年よりも増えた感じがします。

今回ご紹介した企業は、どのサイトもコンセプトや自社の特徴をしっかり捉えているサイトなので、自社採用サイトの参考にしてみてください。
また気になる採用サイトがありましたら、ご紹介したいと思います。

クリサイ
pagetop