ブログ | 採用サイト制作、採用動画制作、採用パンフレット制作、採用ブランディングに強い制作会社【採用おむすび】

2021.10.31

自社の魅力が伝わる採用コンテンツ事例6選

採用支援

採用サイトを制作する中で、どんなコンテンツを入れるかは大変悩むところです。
メッセージやインタビューなどの定番のコンテンツだけでなく、
少し視点を変えたコンテンツを入れることで、他社にはない自社の魅力を存分に引き出すことができるかもしれません。
そこで今回は自社の魅力が伝わるコンテンツをいくつかご紹介したいと思います。

目次

1. 自社で働くメリットを伝える

2. 仕事の流れを相関図にして見せる

3. パパママに特化したクロストーク

4. 社員のキャリアパスを紹介

5. 卒業した社員へのインタビュー

6. 自社の採用ポイントを伝える

まとめ

1.自社で働くメリットを伝える


インフィールド 採用サイト「働くメリット」

インフィールドの採用サイトでは、自社で働くことのメリットを簡潔にまとめています。
身につくスキルや仕事に集中できる環境であることを伝えることで、
この業界で活躍していきたいと思う求職者へのアプローチにつながります。

2.仕事の流れを相関図にして見せる


講談社 新卒採用サイト「講談社のお仕事相関図」

講談社の新卒採用サイトでは、各職種の関係性や商品ができるまでの流れを相関図にしてわかりやすくしています。。
本が店頭に並ぶまでにどのような工程があり、様々な職種が関わっていることを知ることできます。
自社に複数の職種や部署がある企業や仕事内容が複雑な企業などでは、
このような相関図などで学生に伝えるとわかりやすいかもしれません。

3.パパママに特化したクロストーク


PORT 採用サイト「パパママ対談」

PORTの採用サイトでは、パパママ社員の対談をコンテンツに入れています。
パパママだからこその苦労や仕事の進め方、
企業の制度をどう活用しているかなどを個々に話しています。
パパママに特化したコンテンツにすることで、将来同じ立場になった時にどのように対応できるかがわかるため、企業の安心感につながります。
また職場の環境や協力的な人間関係があることも伝えることができます。

4.社員のキャリアパスを紹介


日本食研ホールディングス 採用サイト「キャリアパス」

日本食研の採用サイトでは
社員が自身のキャリアごとのエピソードをインタビューで話しています。
職場や部署の異動でどのような壁にあたり、
それをどうやって解決したかなどを伝えています。
職種ごとで分かれていたり、多くの社員のキャリアパスが掲載されているので
入社後の働き方をよりイメージしやすく、仕事へのモチベーションが高まります。

5.卒業した社員へのインタビュー


フクロウラボ 採用サイト「卒業生の声」

株式会社フクロウラボでは、退職した社員にインタビューした
「卒業生の声」というコンテンツがあります。
当時の仕事の面白さや、卒業を決断した理由などを掲載しています。
卒業生にこうしてインタビューできる円満な人間関係や、
職場環境を求職者に伝えることができます。

6.自社の採用ポイントを伝える


ベイジ 採用サイト「採用の秘訣」

株式会社ベイジの採用サイトでは、
自社の採用基準を紹介するコンテンツがあります。
自社に入るにはどのポイントを抑えれば良いのかなどを簡潔に伝えています。
このようにあえて採用のポイントを教えることでボーダーラインを作り、
自社の採用基準に見合った求職者が集まりやすくしています。

まとめ

採用サイトのコンテンツは、注目している企業ほど詳しく何度も目を通します。
またさらに採用サイトを良く見るタイミングとしては内定後と言われています。
複数の内定をもらった時に、自分が入社後にこの企業でどのように働くことができるのかをイメージできるコンテンツがあることで、入社への背中を押すきっかけにつながります。
採用サイトにおいては、もっと求職者の目線に沿った柔軟な発想でコンテンツを考えてみても良いかもしれません。
今回ご紹介したコンテンツを参考に、自社の採用サイトのコンテンツをもう一度見直して、より魅力ある採用サイトにしてみてください。

運営元:株式会社ゴマシオカンパニー

ゴマシオカンパニーは、採用広報支援を目的としたクリエイティブを得意とする企画制作オフィスです。この分野で20年以上実績を積み上げてきた代表を中心に、様々な分野のクリエイティブを得意とするスタッフが、日々アイデアを出し合い、お客さまの採用課題解決に尽力しています。

コーポレートサイトはこちら

pagetop